8592餅茶(大益七子餅茶)
53ddbeed8a56102e9a001def 53ddbeed8a56102e9a001def

8592餅茶(大益七子餅茶)

¥4,350 税込

送料についてはこちら

名 称: 8592餅茶(大益七子餅茶) 産 地: 中国雲南西双版納 生 熟: 熟磚茶 重 量: 約350g(±10g) 生産期: 2007年 孟海茶厰の製品  肉食中心の中国遊牧民達は、長期に渡る肉類の摂取でビタミンCなどの欠乏を防ぐ為に、昔から愛飲して来た固形茶。野菜が食べれない分を中国茶で補う考えでした。それは何故か脂肪分の多い食事をとりがちな私達現代人の「ダイエット」茶になっています。コレステロールが過剰摂取によって体内に多く蓄積されると、動脈硬化を引き起こし、そこから「心筋梗塞」、「脳出血」、「脳血栓」、「高脂血症」、「高血圧」、「糖尿病」、「腎臓病」、「肝臓病」など、いわゆる「成人病」のほとんどの原因を引き起こすと言われています。コレステロールの抑制効果が人それぞれですが、台大食品科学研究所の「孫路西」教授が雲南沱茶(熟茶)にはこのような効能があると発表しています。  本場の広東・香港などは勿論、日本でも大人気の雲南プーアール茶(こちらは熟餅茶です)。技術の進歩と共に、熟茶も昔のように「カビくさい」や「土くさい」というイメージが消えつつあります。8592餅茶はプーアール茶の世界で最も有名なメーカーである「孟海茶厰」の製品です。「天字伝奇、八五九二、湯色紅艶、陳香高揚、伝承歴史、品味典範」というアピールから見ても、孟海茶厰の自信作である事が伺えます。  業界では「8592餅」というよりも「天字餅」という呼び名の方が遥かに有名(天字と紫天の方がずっと分かりやすく、ピンと来ますから)です。そう、あの香港の南天公司が80年代に孟海茶厰に特注した8592熟餅茶の事です(台湾唐人工藝社の普耳茶譜の92ページに登場)。香港南天公司が各包装紙の上に紫色の「天」字を記しとして押してありますので、「紫天」とも呼ばれています。  孟海茶厰の製品なので、当然製造し続ける権利があります。今回紹介するのは2007年度の701製品(批次701とは2007度の一番最初に出荷された8592製品)です。ここ2年の製品にはQS認証マークが付いてるのは殆どです。というより今後全ての製品が必須となります。 ★「QS」は、「質量安全」QualitySafety(品質安全)の略で、中国政府が検査により安全性を認めた工場で生産された商品に張り付けられる品質保証マークの事です。 ■中国茶・紫砂壺の関連知識サイト⇒ http://fengtw.net お茶の淹れ方 ■茶葉の量    容量100mlの茶器に対して3gの茶葉を用います。 ■お湯の適温   95度~100度 ■まず熱湯で茶器を温めてください。 ■2回程洗茶してください。(洗茶というのはお茶の製法の不備から茶葉についた埃などを洗い流すために行なわれていたものです。お湯を注いだら素早く注ぎだしてください。このときにゆっくりしているとお茶の味が薄くなってしましますのでご注意ください。) ■蒸らす時間   一煎目10秒~15秒 二煎目以降はお湯を注いだら素早く注ぎだしてください。(蒸らす必要はありません) ( お好みで時間を調整してください。)